そろばん教室

右脳教育は「そろばん塾ピコ

集中力UP 無意識に数字を暗記 イメージ力UP

そろばんで子どもの脳力をのばす。
手と頭を使って「計算力・集中力・記憶力・精神力・右脳」を鍛える。
そろばんを学ばせることで、脳の活性化と基礎能力を磨きます。
                   
学年 入塾金月謝 本代(級が上がった時) プリント代(半年ごとに) 施設費
小1〜小6 5,000円 5,000円(週2回) 800円 1,600円5,000円(年払い)
京大個別会は全国の高校生に大学受験指導をしています。講師はすべて京大生。
登録している京大生全員に、子供の頃からの習い事を詳しく書いてもらっています。
今では数百名のアンケート結果が積み上がりました。
すると次のようなことがわかりました。

習い事の1位は、ピアノ。ほとんどの京大生が、一度はピアノを習っています。しかし現在でもひける、ひいているという学生は少なく、習ったものの、修得するまでにやめているのが現状でした。
案外少なかったのは英会話と公文。それに反して、意外にも多かったのがソロバンだったのです。
ソロバンについては、習っていたすべての学生が途中でやめることなく、中学校にいくまで続けていました。そして2級~3級を取得しています。
誰もが「やってよかった。一番役に立っている。」と口をそろえました。

京大生と習い事について話しているうちに、「もっとソロバン塾があったほがいい。できるだけ月謝を安くして、たくさんの人にソロバンをやってもらおう。」という思いが強くなっていきました。
そして京大生たちの教材作りが始まりました。黄色いそろばん「ピコそろばん」もそのひとつ。暗算は計算を映像としてとらえます。右脳に、より鮮明にイメージするために、黄色いそろばんを兵庫県小野市の職人さんに作ってもらいました。

京大生が自分の体験に基づいて考え出したソロバン塾。それが京大個別会SOROBAN塾ピコなのです。

ピコ(PICO)ってなに?


ピコとは、数の単位です。ミリ(1mの1/1,000)・マイクロ(1mの1/1,000,000)・ナノ(1mの1/1,000,000,000)・ピコ(1mの1/1,000,000,000,000)。
地球上では、ピコが究極の単位でしょう。
ソロバンは、究極の右脳教育法。究極の道具です。そんなソロバンに数の究極の単位、「ピコ」という名前をつけました。

珠算は、AO入試履歴書に書ける資格です。

ソロバンを習うと、右脳が活性化します!

  1. 車のナンバーや看板の電話番号など、単なる数字の羅列を無意識に足したり、引いたりするようになります。
    数字に対し、無意識に脳が反応します。
  2. 集中力がつきます。学習の効率がアップします。
  3. イメージする力が増加します。
    右脳は、イメージを扱う場所です。つまり、想像力です。
    ソロバンの珠をはじく動作は右脳に刺激を与え、イメージする力を増加させます。

(日本医学大学 河野 貴美子「脳カアップソロバンドリル」より)

授業について

大進学院 別所校
授業日 火曜日・金曜日
時間 ① 3:30~4:20 ② 4:30~5:20 ③ 5:30~6:20
大進学院 高岡校
授業日 火曜日・木曜日
時間 ① 4:00〜4:50 ② 5:00~5:50
大進学院 飾磨校(飾磨市民センター)
授業日 水曜日・土曜日
時間 【水曜日】① 4:00~4:50 ② 5:00~5:50
【土曜日】① 10:00~10:50 ② 11:00~11:50
大進学院 白浜校(灘の松原公民館)
授業日 月曜日・木曜日
時間 ①4:00~4:50 ②5:00~5:50